FX(外国為替証換金取引)ってどうやるの?

FX(外国為替証換金取引)を始めて1年、あなたもFXの楽しさを知ってみませんか
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< FXにおけるリスク2 | main | FXにおけるスワップポイントの注意点 >>

FX〜スワップポイント


スワップポイントとは取引を行う際、二つの通貨の間の

「金利の差」のことをいいます


例えでいいますと

【1ドルを100円で、1万ドル分を買ったとします】


その買いポジションを翌営業日まで持ち越したとして、買ったドル
には(ドルを保有していますので)その分の金利収入が入りますね


今度は逆に、円について1万ドル分相当の100万円を証券会社から
借りている(実際に100万円を入金しているのではないので、
「借りている」という状態です)その分の金利を支払う必要がでてく
るんですね



その時々の金利の通貨にもよりますが、例えばドルが金利4%とした
場合、日本の金利というのは現段階でとても低いので、金利に差が出
ますね


今は高いほうのドルを持っているので

「ドルの金利と日本円の金利の差を、毎日受け取ることが出来ること
 ができます」

これがFXにおけるスワップポイントというものです


もう少し簡単にいいますと、

金利の高い通貨を持っている場合、その金利の差額を毎日受け取ること
が出来る、という仕組みになっています


もちろん逆の場合もあります

例えばドルの売りポジションを持っていた場合、金利の高い方のドルを
売って(借りて)、金利の低い円を持っているので、金利の差額を毎日
支払う、ということになるんですね


この差額は、金額として金利の高いといわれている英国のポンドを持っ
ている場合なので、スワップポイントでの受け取りは、おおよそ1日あ
たり200円前後(2007年2月現在)になります
外国為替証換金取引 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fxgo.jugem.jp/trackback/13
この記事に対するトラックバック